FC2ブログ

善通寺市議会議員

おおにしともはる

Author:おおにしともはる
現職 自営業
   一級建築士
経歴 多度津工業高校建築科卒
   香幼P会長
   市P連会長(竜川小会長)
趣味 サッカー 音楽鑑賞

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
昨今の自治体は老朽インフラの整備に追われています。
昭和の高度成長期に一斉に整備された公共インフラが一斉に老朽化しています。
特に、道路の舗装や水路の改修などは、予算が追い付かない状況です。
しかし、住民の安心、安全を守るためには避けてとおることはできないのです。
そこで、現在は申請された順番で改修工事が行われている現状を見直し、老朽度や危険度を判定し優先順位付けたり、まだ耐えられる部分の工事を先送りするなどの対応が必要です。
そのためには、「舗装診断士」等の客観的に判断できる資格者等に十分な意見をもらうことです。
市の職員等が判断したとなると、うるさく言う人もいるため、専門家の判断を仰ぎ「劣化・予算シミュレーション」による修繕計画を立案することが必要です。(市職員の中に資格者がいると一番良いのですが。)
厳しい財政状況のなか、声の大きい人がいるところの整備が進むのではなく、必要な判断のもと、計画的な老朽インフラの整備を当局には提案したいと思っています。
道路舗装①
【昨年度末に舗装を改修していただいた宮池東側の市道です。(声が大きいのかなあ・・・。)荒れた路面でたいへん危険な状態でした。このように改修や修繕が必要な道路はたくさんあります。限りある予算のなかでは優先順位をつけることが必要となっています。】
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム