FC2ブログ

善通寺市議会議員

おおにしともはる

Author:おおにしともはる
現職 自営業
   一級建築士
経歴 多度津工業高校建築科卒
   香幼P会長
   市P連会長(竜川小会長)
趣味 サッカー 音楽鑑賞

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
先週の月曜日から3日間、福島県へ行ってきました。
今回は、3.11を風化させないため、この目で今の福島を観て、感じてきました。
震災から3年半が過ぎ、一部では復興の兆しも見える中、原発被災地の現実は厳しいものでした。
DSC_0845.jpg
【物々しい警備、検問を抜け、事故を起こした福島第一原発が見える場所まで行きました。線量計の警告音が鳴りっぱなしです。とても車外に出れる状況にはありません。】
前回訪れたときには、原発から20㎞圏内には立ち入ることができませんでしたが、今回は承諾書を書いて許可をうけ原発まで約5㎞の地点まで行くことができました。
空気が重く、線量計は鳴り響き、被爆への不安とストレスで言葉もなかなか発することが出来ません。
DSC_0866.jpg
【除染後の廃棄物が仮置きされています。中間貯蔵場所がまだ決まらない状況で、廃棄物は増える一方です。仮置場がそのまま貯蔵場所になるのでは。そんな不安を感じました。】
原発事故は一向に終息していません。
無人の町、震災処理もできていない海岸線。
3年前に訪れたときと変わらない光景が、今の福島の現実でした。
もっとお伝えしたこともありますが、詳しくは「大西ともはる通信」でご報告します。

スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム