善通寺市議会議員

おおにしともはる

Author:おおにしともはる
現職 自営業
   一級建築士
経歴 多度津工業高校建築科卒
   香幼P会長
   市P連会長(竜川小会長)
趣味 サッカー 音楽鑑賞

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
今日は午後からPFI(民間資金等の活用による公共施設整備)事業を実施している「宇多津町学校給食センター」へ視察に行きました。
PTAの方を含め、関係各部署の行政マンといっしょに視察しました。
善通寺市も給食センターの老朽化に伴い建て替えが必要であるとの判断を受けて、PFIの導入を検討しているようです。
内容はPFIを導入して成功したことの説明が主で、まるでPFIのPRのようでした。
DSC_0110.jpg
【現在の善通寺市給食センターです。きれいそうに見えますが、老朽化はかなり進んでいます。】
宇多津町の場合、保育所の給食を含め一日2,000食ですが、善通寺市は現在保育所を除いて一日3,500食が必要です。
このような規模の給食センターを受け入れる民間業者がいるのか。
また、現調理士さんや職員の方々の処遇はどうなるのか。
経費節減により子どもたちの食の安全を確保できるのか。
そして、官民がWin-Winの関係を構築できるのか。
私は、給食センターのように子どもたちの教育の一貫である公共施設はPFIになじまないと思っています。
そもそもセンター方式がいいのか。
自校方式で給食のあばさんが子どもたちの近くにいる。
そのような給食のあり方を考えていかなくてはならないのではと強く思っています。


スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  »次のページ