FC2ブログ

善通寺市議会議員

おおにしともはる

Author:おおにしともはる
現職 自営業
   一級建築士
経歴 多度津工業高校建築科卒
   香幼P会長
   市P連会長(竜川小会長)
趣味 サッカー 音楽鑑賞

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。
香川県でも連日感染者の報告があり、感染者数も増加傾向です。
今日から20日までの間は、香川県でも飲食店等に対して午後9時まで(酒類の提供は午後8時まで)の時短営業の要請が始ます。
その要請に応じた事業所には1日当り一律4万円の協力金が支給されます。
また、県の警戒レベルが上位から2番目の「感染拡大防止集中対策期」に引き上げられたことから、善通寺市でも再度県外への往来の自粛、不要不急の外出の自粛、会食等の制限などが通達されました。
第4波の入り口に入ったとの見解もある中、終わりの見えない戦いが続いています。
みの公園(柊伽と)④(縮小版)
【春休み中は、孫を預かる当番日がありました。この4月から幼稚園の年中さんになる孫の柊伽。コロナ禍でもずっと家の中にいさせるのはかわいそうです。密にならない広い公園を探して三野町まで行きました。3時間ほど遊びましたが、ジイジはくたくたです。今日からは、こんな外遊びも自粛しなくてはならないのかなあ。子どもたちもかわいそうです。】
スポンサーサイト



昨日は、地元木徳新羅神社の春の大祭でした。
昨年に引き続き、コロナ禍を考慮して獅子舞等は中止し、御神事だけの大祭となりました。
また、雨模様の天気予報のとおり、午前中から雨が降り出し、幟も急いで下しました。
淋しい限りの大祭でしたが、氏子総代さんたちのご尽力のおかげで厳かな、最低限の祭りはできたと思います。
秋の大祭は通常のにぎやかなものとなるように祈るばかりです。
「祈コロナウイルス退散」です。
ふれあい号①(縮小版)
【善通寺市の市民バス「ふれあい号」が新しくなりました。市民に親しみ深かった車体の横に五重塔をデザインした前「ふれあい号」の老朽化に伴い、新しい「ふれあい号」が納車されました。新バスは車体サイドに五岳山、後ろ側に五重塔をデザインしています。そもそも「ふれあい号」は、市教育委員会の所有管理で、児童生徒の移動や部活動の遠征等に使用されます。また、姉妹都市縁組を結んでいる長崎県平戸市や和歌山県高野町との市民交流事業の市民バスや市職員等の研修や出張の送迎にも利用されています。新しくなった「ふれあい号」。大切に使っていきたいと思います。】
今日で令和2年度が終わります。
明日、4月1日からは新年度ですが、昨日の議会運営委員会で善通寺市議会4月臨時会が4月14日に開会されることが決まりました。
緊急に対応しなくてはならないコロナ対策事業の補正予算等が議案となります。
市民生活に直結するひとり親世帯への支援金や事業経営の持続化給付金事業等が議案です。
私自身は、4月の議会は初めてのことですが、コロナの影響は待ったなしです。
各事業とも利用しやすい制度設計をしっかり議論したいと思います。
なお、例年3月定例会終了後に発行する「大西ともはる通信」ですが、4月臨時会の議案が近々の事業であるため、この情報も記載のうえ発行したいと思います。
皆様への配布が4月中旬以降になりますが、ご了承ください。
模擬ワクチン接種②(縮小版)
【新型コロナウイルス感染防止の切り札となるワクチン接種のシュミレーションが3月29日に行われました。市民体育館を利用した集団接種のテストです。概ねスムーズに進む、一人当たりの所要時間は25分から40分程度だったようです。一部人の流れが停滞するなどの課題もありましたが、本番までには改善し、安心安全なワクチン接種にしたいと思います。】
去る3月22日に善通寺市議会3月定例会が終わりました。
詳細につきましては「大西ともはる通信・第40号」でご報告します。
さて、1都3県の緊急事態宣言も解除されました。
リバウンドが懸念される中での解除で、ワクチン接種も間に合っていません。
春の陽気と共に人々が動き出しそうですが、もう少し辛抱しましょう。
社日祭②(縮小版)
【20日の土曜日は「春の社日」でした。「春の社日」は種まきの時期に農耕の神様に五穀豊穣を祈り、「秋の社日」は収穫の時期に豊作を感謝するものです。毎年行われる行事ですが、昨年からは代表者だけの御神事のみで、「直会(なおらい)」と言われる神事後の会食はありません。緊急事態宣言が解除されようが、まだまだ真面目な善通寺市民の自粛生活は続きます。】

2日に開会した3月定例会は先週末まで予算審査特別委員会が開催され3日間びっしりと令和3年度予算について審査しました。
今日からは3日間にわたって各常任委員会が開催され、付託された議案について審査をします。
また、一般質問は18日に行われますが、「大西ともはる」も下記の3項目について当局の考えを問う予定です。
①本市の平和教育について
②用水路等の安全対策について
③防災行政無線の利活用について
新庁舎②(縮小版)
【本日、委員会終了後に新庁舎の建設現場を視察しました。見事に鉄骨が建ち上がり階段等も設置されています。平行して床板や外壁躯体の工事も始まっていました。順調に進んでいるようです。】
過去最大規模の総額166億円の令和3年度一般会計当初予算など29議案が上程された善通寺市議会3月定例会が開会しました。
早速、明日からは予算審査です。
「今、必要な予算を、今、必要な事業へ」を胸に臨みたいと思います。
一般質問は、18日(木)の予定です。
ぜひ傍聴においでください。
庭の梅②(縮小版)
【暖かくなったり、寒くなったりを繰り返しながら季節は春へと向かっています。庭の梅の木は満開です。少し癒されました。】
正式には2月22日の議会運営委員会で決定しますが、善通寺市議会3月定例会は3月2日に開会し、3月23日までの会期となる予定です。
早速、2月18日には当局提出予定議案の説明会が開催されます。
3月議会は大切な来年度の予算を審議します。
新型コロナの影響で先が見通せない状況のなか、今、何が必要かを、何が優先かを、しっかりと考えて審査したいと思います。
多校起工式②(縮小版)
【2月13日の大安吉日。多度津高校100周年事業として整備する(仮称)TAKOUメモリアル館の起工式が正門東側の建設予定地で行われました。「大西ともはる」も硯ヶ丘同窓会の副会長として列席しました。寄付金集めに始まり、建設業者選定まで多岐にわたって協力してきましたが、「やっとここまできたか。」と言う思いです。9月の完成が待ち遠しい限りです。】
2月5日の善通寺市議会2月臨時会で、新型コロナウイルスワクチン接種の実施に必要な補正予算1億4,750万円が可決成立しました。
接種体制も概要が見えてきましたので、善通寺市の体制についてご報告します。
①先行接種する医療従事者等へのワクチン接種は、県が主体となり集合契約を締結した医療機関等において実施します。なお、ワクチン費用については医療従事者が居住する市町の負担となります。
②善通寺市では集団接種と個別接種を予定していますが、医療機関において個人で接種する個別接種についての体制は今後構築する予定です。
③集団接種については、4月から65歳以上の高齢者を対象に日曜日と木曜日の午後(具体的な時間はまだ未定です。)に市民体育館で接種します。
④3月から随時接種該当者に、接種の詳しい説明書、問診票、接種クーポン券が郵送されます。
⑤コールセンター(予約・相談センター)を設置し、予約を受け付けます。なお、コールセンターでは接種に対する不安な面や様々なご相談も受け付ける予定です。
⑥集団接種は完全予約制で、当日の受け付けはできません。
⑦集団接種の会場では、受付→予診票記入・確認→医師の予診→接種→待合(経過観察)→帰宅の流れとなります。待合(経過観察)は30分程度が必要ですので、順調に進行しても一人1時間程度の時間がかかると予想されています。
以上、ワクチン接種の概要についてお知らせしました。
これは、ワクチンが予定どおり入ってくると仮定した場合の体制です。
今後、変更があるかもしれませんので正確な情報が入り次第、またご報告したいと思います。
何れにしても一大事業です。
全力をあげて取り組みます。
宮池浚渫①(縮小版)
【写真のように二か年に渡って実施した宮池流入口付近の浚渫工事も終え、昨日は水利組合の皆さんとの清掃活動でした。清掃作業終了後の皆さんの話題はやはりコロナワクチンの件です。皆さん、期待と不安でいっぱいです。正しい情報をしっかりと届けるのも議員の役目です。先の情報も含めてできる限り説明をしました。】
2月1日の議会運営委員会を受けて、明日5日は午前9時より善通寺市議会2月臨時会です。
議案は新型コロナウイルス感染予防ワクチン接種のための補正予算です。
議案審議では、具体的な接種方法等について質疑を行う予定です。
詳しくは早急にブログでお伝えします。
全国民にワクチンを2回接種するのは簡単なことではありません。
医師会の支援を受けて接種を進めますが、ワクチンの管理は市が行うとのこと。
大変な事務作業と管理作業を市の職員は一丸となって遂行します。
このような状況になると予想できていたのに、なぜ、11月議会で市職員の期末手当を下げたのか。
改めて納得できません。
朝陽と一颯①(縮小版)
【長男の子どもたちです。大西朝陽(2才)と大西一颯(4ヶ月)です。一颯(いっさ)くんは初めての登場です。二人とも元気に育っていますが、このコロナ禍で一颯くんにはまだ直接会えていません。孫たちにも自由に会うことのできないこの状況を早く打開しなくてはなりません。そのためにワクチン接種は重要です。】
昨日は久しぶりのシニアサッカーの試合でした。
宿敵、高商クラブとの試合。
高校時代に県選抜で一緒にプレイした仲間もいます。
燃えないわけにはいきません。
しかし、土曜日から降り続く雨に気持ちが少しダウン。
それでもサッカーの試合に雨は関係ありません。
しっかりと雨を含んだピッチは、オッサンたちの体力を一層奪っていきます。
気持ちとは裏腹に、ままならないボール扱い。
厳しい試合となりました。
結果は、1-1のドローでしたが、なんとその1点は「大西ともはる」が決めたもの。
前半のアディショナルタイムに自らコーナーキックをとり、そのコーナーキックからのこぼれ球に反応。
みごと同点ゴールを決めました。
後半は一進一退の攻防でしたが、両チーム決め手を欠き、引き分けです。
貴重な同点ゴールで少し存在感を示せた試合となりました。
コンディションは最悪でしたが、仲間たちと楽しい時間を過ごすことができました。
今日は、体のあちこちが痛いです。
シニア試合②(縮小版)
【コロナ対策として健康チェックシートを提出しなければ試合には出れません。当日の体調や体温はもちろんのこと、基本的には2週間前までの記入が求められます。大変な事務作業ですが、それでもオッサンたちはサッカーをしたいんです。】
昨日の日中は暖かく、バイクで走っていても気持ち良いぐらいでした。
先週末の寒波はどこかへ行ってしまいました。
とは言え、まだ1月です。
寒さはまだまだ今からでしょう。
体調管理にご留意ください。
大西ともはるは、まだ配り終えていない「大西ともはる通信・新年号」の配布をしています。
配布先で、飲食店を経営するご夫婦としばらくお話をしました。
コロナの影響は甚大で、この先が見通せないことに不安が募るとのことでした。
持続化給付金もいただいたが、すでに使い切り今後は我慢の日々が続くとも。
また、食材を仕入れているお店はもっと大変だとも。
しかし、ワクチンに期待して前を向くしかないと少し笑顔も見せていただきました。
胸が苦しくなる思いで聞かせていただきました。
市単独でも何か支援策を早急に考えなくてはなりません。
新庁舎(鉄骨工事)①(縮小版)
【鉄骨が4階まで建ちあがった新庁舎です。4分の1づつ建ち上げるそうですが、もう直、全貌が見えてきます。日々の新庁舎建設の様子は市のホームページでも見ることができます。ぜひ、検索してみてください。】
緊急事態宣言が発令され、全国に拡大中です。
香川県は大丈夫と思わずに、一人ひとりが自分のことと考えて静かな日々を送りましょう。
ちなみに今日15日の香川県の感染者数が37人と過去最多となりました。
コロナ禍のなかですが、スポーツ界は様々な工夫を凝らして人々に勇気と感動を与えてくれます。
残念ながらラグビーのトップリーグなどは開幕が延期になったようですが、駅伝や海の向こうのNFL、NBAまで観ています。
特に、昨年のJ1リーグと年頭の天皇杯を制した「川崎フロンターレ」にはステイホーム中、楽しませてもらいました。
ただ強いだけではなくて、おもしろいサッカー、魅力あるサッカーを展開してくれました。
ミスターフロンターレの「中村憲剛」の引退とも相まって後半戦は特に感動の連続でした。
そして天皇杯決勝。
1-0と川崎1点リードの後半、交代選手枠を使い切り「中村憲剛」は現役最後の試合でピッチに立つことはありませんでした。
勝つため、優勝するための鬼木監督の非情な采配。
これを理解し、しっかりと受け止める「中村憲剛」の姿に自然と元旦から涙があふれました。
そういえば天皇杯の決勝戦をこんなにゆっくりとリアルタイムで見たのは久しぶりのような気がします。
ステイホームも良いものです。
市民集いの丘公園①(縮小版)
【昨年末の善通寺五岳の里「市民集いの丘公園」です。これだけ広い公園です。密にはならないと思いますが、人気の遊具等に子どもたちが集中する可能性もあります。心配して来てみましたが、何の心配もいりませんでした。ほとんど来園者はいません。それは、それでちょっと寂しいです。】
2021年、丑年が明けました。
遅くなりましたが、皆様、あけましておめでとうございます。
今年は、曜日のめぐりあわせが、良いのか、悪いのか。
月曜日からの仕事初めの方も多いのではないでしょうか。
「大西ともはる」も今日から始動です。
例年になく、今年の三が日はステイホームで過ごさせていただきました。
十分に英気を養いましたので、今日からはしっかりと働きます。
まずは、役所関係への挨拶廻りです。
新羅神社2020大晦日①(縮小版)
【昨年の大みそかの新羅神社です。例年どおり、しめ縄を付け替えて初詣の参拝者をお迎えする準備です。寒い日でしたが、天気には恵まれて準備もはかどりました。総代さんの日頃の心がけのおかげだと思います。その後、私も年明けを神社で迎えて、参拝者の方々を新年のご挨拶と併せてお迎えするのですが、今年は参拝の方々も心なしか少なかったように思います。】
コロナ禍の中、例年と違う1年を過ごしてきました。
市民の皆様とお会いし、お話する機会が失われ、議員としての大切な仕事が難しい1年でした。
その2020年も暮れようとしています。
来年はコロナ禍を脱して、皆様と笑顔でお話できる通常の年にしたいものです。
そのために「大西ともはる」はしっかり活動してまいります。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。
11月臨時会・反対討論①(縮小版)
【議会も異例続きでした。写真は11月臨時会で討論をする「大西ともはる」です。衝立の前で、マスクをしての討論はとてもやりづらいものでした。これを踏まえて、12月定例会ではフェイスシールドをつけましたが、これはこれでマイクに声がうまく拾われないという弱点が露呈しました。何れにしてもコロナが終息し、通常の議会に戻ることが先決です。】
思い起こせば大変な1年でした。
2月頃から一気にコロナに翻弄され、市民生活も不自由を強いられてきました。
全国一斉の緊急事態宣言の発令に伴い、学校の休校や外出の自粛など今までに経験のない事態となりました。
第3波の真っただ中にある現在も先の見えない不安にストレスもピークです。
その令和2年も後わずかです。
令和3年はコロナを乗り越えて明るい1年となることを祈るばかりです。
さて、善通寺市議会12月定例会も16日の本会議で閉会しました。
11月臨時会、決算審査特別委員会の内容も含めて「大西ともはる通信・第39号(新年号)」でご報告したいと思います。
新庁舎基礎工事①(縮小版)
【12月8日の建設経済委員会終了後、新庁舎の建設現場の視察を行いました。基礎工事が完了したタイミングの視察で、今後見ることのない新庁舎の基礎を見学しました。】
新庁舎基礎工事②(縮小版)
【基礎部分の最大深さは4mだそうです。建設地は地盤がよく、基礎杭の打設も必要なく、地下水もあまりでなかったようです。この後、この基礎に4階までの鉄骨が立ち上がります。建設は順調に進んでいるようです。】

| ホーム |


 ホーム  »次のページ